慢性関節リウマチの画像診断におけるMR画像の有用性 Usefulness of MR imaging for diagnosing rheumatoid arthritis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 内山 百夏 UCHIYAMA Yuka
    • 大阪大学大学院歯学研究科 分子病態口腔科学専攻口腔分化発育情報学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 村上 秀明 MURAKAMI Shumei
    • 大阪大学大学院歯学研究科 分子病態口腔科学専攻口腔分化発育情報学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 西山 秀昌 NISHIYAMA Hideyoshi
    • 大阪大学大学院歯学研究科 分子病態口腔科学専攻口腔分化発育情報学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 笹井 正思 SASAI Tadashi
    • 大阪大学大学院歯学研究科 分子病態口腔科学専攻口腔分化発育情報学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Osaka University Graduate School of Dentistry
    • 古川 惣平 FURUKAWA Souhei
    • 大阪大学大学院歯学研究科 分子病態口腔科学専攻口腔分化発育情報学講座 Department of Oral and Maxillofacial Radiology, Osaka University Graduate School of Dentistry

抄録

目的: 慢性関節リウマチと診断され, 顎関節部に症状を有する者に, MR検査と従来のX線画像検査を施行し, MRIの本疾患における有用性を検討することを目的とした。<BR>対象および方法: 整形外科にて血液学的および臨床的に慢性関節リウマチと診断され, 顎関節部に症状を認める患者6例を対象とした。症例はすべて女性で, 年齢は24~70歳 (平均49.8歳) であった。MR検査では, プロトン密度強調画像, T2強調画像およびT1強調画像を撮像した。X線画像検査として, パノラマX線撮影法, 側斜位経頭蓋撮影法および多層断層X線撮影法を施行した。各画像にて顎関節部の骨変化を評価し, MR画像では軟部組織変化も評価した。<BR>結果: MR画像にて12関節中9関節にerosionまたはosteophyteなどの骨変化を認めた。また, 12関節中5関節で円板が描出不可能で, 6関節で円板は上方位に存在し, 1関節のみで非復位性前方転位であった。T2強調画像では12関節中5関節に関節腔に高信号領域を認め, そのうち1関節にのみいわゆるパンヌスと疑う像を認めた。<BR>結論: 今回の結果から, MR画像での骨変化の描出能はX線写真像と比べて差がないと考えられた。またMR画像では軟部組織の異常を描出することができることより, MR画像は慢性関節リウマチ患者の画像診断に有用であることが示唆された。

Objective: To assess the effectiveness of magnetic resonance imaging (MRI) for the diagnosis of rheumatoid arthritis (RA) in the temporomandibular joint (TMJ), MRI was performed on RA patients with TMJ involvement.<BR>Methods: Six patients (all women) with TMJ involvement, of average age 49.8 years (range 24∼70), who had been serologically or clinically diagnosed with RA by orthopedists, were enrolled. Diagnostic imaging included plain radiography (panoramic radiography and lateral oblique transcranial projection), multisection tomography, and MRI, such as Proton density MRI, T1-weighted MRI and T2-weighted MRI. On each examination, bone changes of the TMJ and soft tissue in the TMJ were evaluated.<BR>Results: MRI showed that 9 of the 12 joints had bone changes, including erosion and osteophyte; disks were invisible in 5 joints; disks were superior to the condyle in 6 joints, and one disk had anterior disk displacement without reduction. On T2-weighted MR images, 5 joints had high signal intensity. Only one joint was suspected of having pannus.<BR>Conclusion: It was concluded that the effectiveness of visualizing bone changes of the TMJ by MRI was similar to that by conventional radiographic examination. MRI also visualized abnormal soft tissue in the TMJ. Thus, MRI might be a useful technique for evaluation in RA patients.

収録刊行物

  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 13(2), 243-247, 2001-08-20

    The Japanese Society for Temporomandibular Joint

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

ページトップへ