過敏性腸症候群治療薬ポリカルボフィルカルシウム(ポリフル^<【○1R】>)の物理学的および薬理学的特性と臨床効果 Physicochemical and pharmacological characteristic and clinical efficacy of an anti-irritable bowel syndrome agent, polycarbophil calcium (Polyful^<【○1R】>)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岩永 裕氏 IWANAGA Yuji
    • 北陸製薬株式会社研究統括部薬理研究所 Laboratory of Pharmacology Research Division, Hokuriku Seiyaku Co., Ltd.

抄録

過敏性腸症候群(IBS)は,腹痛あるいは腹部不快感などの腹部症状と下痢あるいは便秘などの便通異常を症状とし,原因としての器質的変化を同定しえない消化管の機能的疾患である.ポリカルボフィルカルシウムは高吸水性ポリマーであり,便中の水分を吸水·保持することによりIBSの便性状を改善することが期待された.ポリカルボフィルカルシウムは酸性条件下でカルシウムを脱離し,中性条件下では初期重量の70倍の吸水能を示すとともにゲル化する物理化学的特性を示した.ラット空腸および結腸を用いた<i>in situ</i>試験では,ポリカルボフィルが腸管による水吸収に逆らって管腔内に水を保持することが示された.下痢に対して,マウスのプロスタグランジンE<sub>2</sub>および5-hydroxy-<sub>L</sub>-tryptophan下痢モデルおよびラットのヒマシ油下痢モデルで有効性を示し,イヌのセンノシド下痢モデルにおいて下痢便排泄頻度を低下させ便性状を改善した.便秘に対しては,正常ラットおよび低線維食ラット便秘モデルにおいて,排便量を増大させた.正常イヌにおいても下痢を誘発することなく,排便頻度,排便量および便水分含量を増加させた.また,ポリカルボフィルはラットおよびイヌにおいて消化管から吸収されず,代謝を受けることなく糞中に排泄された.さらにイヌにおいて,併用投与した薬物の吸収に影響を及ぼさなかった.IBS患者を対象とした二重盲検法による用量設定試験において本剤は,下痢,便秘いずれに対しても有効性を示し,マレイン酸トリメブチンを対照とした比較試験の結果,有効性において有意に優れ,安全性において差を認めなかった.副作用としては,嘔気·嘔吐や口渇などが認められたが,薬理効果過剰による便秘や下痢の発現はわずかであり,ユニークな作用に基づくIBS治療薬として期待される.<br>

Irritable bowel syndrome (IBS) is a functional bowel disorder characterized by abdominal pain or discomfort and abnormal defecation. Polycarbophil calcium, a water-absorbing polymer, is expected to improve stool consistency. Polycarbophil calcium decalcified under the acidic condition and then absorbed 70 times its weight of water under the neutral condition. In <i>in situ</i> experiments using rat jejunum and colon, polycarbophil decreased water absorption by the intestine without affecting water secretion. Polycarbophil inhibited prostaglandin E<sub>2</sub>-, 5-hydroxy-<sub>L</sub>-tryptophan- and castor oil-induced diarrhea in mice or rats. Polycarbophil calcium also inhibited sennoside-induced diarrhea in dogs. Polycarbophil increased the weight of feces in naive or low-fiber diet feeding rats. In naive dogs, polycarbophil calcium increased stool frequency, stool weight and moisture. Polycarbophil was not absorbed from the gastrointestine, not metabolized and eliminated into feces in rats and dogs. Polycarbophil calcium did not affect the absorption of co-administered drugs in dogs. In the dose-finding clinical study for IBS, polycarbophil calcium was effective both in diarrhea and constipation. In the Phase III study, polycarbophil calcium was superior to trimebutine maleate in efficacy and equal in safety. Emesis/vomiting and thirst were observed, but episodes of diarrhea or constipation by excessive action were few. Polycarbophil calcium seems promising as an anti-IBS agent.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(3), 185-190, 2002-03-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008991756
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6087497
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ