プロスタノイドの生体における役割 The roles of the prostanoids played in the body

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロスタグランジン(PG)とトロンボキサン(TX)より成るプロスタノイドは,刺激に応じて局所で合成され,局所のホメオスタシスの維持や種々の病態形成に関与する生理活性脂質である.プロスタノイドの作用は,標的細胞上に存在する各々のプロスタノイドに特異的な受容体を介して発揮される.これらには,PGD<sub>2</sub>,PGE<sub>2</sub>,PGF<sub>2</sub>α,PGI<sub>2</sub>,TXA<sub>2</sub>に特異的な受容体として,各々DP,EP,FP,IP,TPが含まれる.さらに,EPにはEP<sub>1</sub>,EP<sub>2</sub>,EP<sub>3</sub>,EP<sub>4</sub>の4種類のサブタイプが存在する.従来,プロスタノイドは,炎症のメディエーターとしての役割が良く知られている.しかし,生体内でプロスタノイドが果たす役割や,それを仲介する受容体の種類については,充分には解明されていない.その原因として,通常,組織には複数種のプロスタノイド受容体が発現しており,各プロスタノイドは,特に外来性に投与された場合,それに固有の受容体以外の受容体に作用する可能性が挙げられる.また,従来各プロスタノイド受容体に特異的なリガンドとして,ごく限られた種類のアゴニスト·アンタゴニストしか開発されていないことも挙げられる.このような状況の中で,最近受容体ノックアウトマウスの解析により,プロスタノイドが果たす種々の生理的·病態生理的な役割が解析·評価されつつある.本稿では,これらの解析によって得られた,最新の知見を紹介する.<br>

The actions of prostanoids in various physiological and pathophysiological conditions have been examined using mice lacking the prostanoid receptors. PGD<sub>2</sub> was found to be a mediator of allergic asthma. Prostaglandin (PG) I<sub>2</sub> worked not only as a mediator of inflammation but also as an antithrombotic and cardio-protective agent. Several important actions of PGE<sub>2</sub> are brought out via the PGE<sub>2</sub>-receptor subtype EP<sub>3</sub>; PGE<sub>2</sub> participated in the regulation of platelet function, and it worked as a mediator of febrile responses to both endogenous and exogenous pyrogens. These novel findings on the roles of the prostanoids would contribute to the development of drugs targeting the prostanoid receptors.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(4), 201-207, 2002-04-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008991806
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6120717
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ