消化管自律運動の遺伝子基盤と病態 Genetic basis of autonomic gastrointestinal motility and pathophysiological models

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

消化管律動性収縮の起源として,神経と平滑筋細胞の間に介在するCajal間質細胞(ICC)が関与することが,従来から指摘されていた.我々は,レセプター型チロシンキナーゼをコードするc-<i>kit</i>遺伝子の機能を調べる過程で,c-<i>kit</i> 遺伝子座(<i>W</i> )ミュータントマウスおよびc-Kit中和抗体投与BALB/cマウスの消化管におけるc-<i>kit</i> 発現細胞の著しい減少と自動運動能の低下を見い出した.また,ICCがc-<i>kit</i> 遺伝子を発現していること,そしてICCのネットワーク構造の発達と維持にc-Kitタンパクが重要な役割を果たしていることも明らかにした.このc-KitをICCの特異的なマーカーとして用いることにより,ICCが,律動的な電気的slow waveの発生源(ペースメーカー細胞)として,また,神経から平滑筋細胞へのシグナル伝達のメディエーターとして機能していることが分かってきた.ICCは間葉系細胞に由来し,前駆細胞からの分化もc-Kitに依存することが示されている.ICCは分布する組織層によって分類され,それぞれのサブタイプで平滑筋細胞,或いは線維芽細胞様の微細構造を呈している.c-Kitタンパク(レセプター)のリガンドである<i>Sl</i> 因子は,消化管において神経細胞と平滑筋細胞に発現しており,<i>Sl</i> 遺伝子座ミュータントマウスや,<i>W</i> 或いは<i>Sl</i> 遺伝子座に<i>lacZ</i> を導入したトランスジェニックマウスなどを用いた解析からも,c-Kit/<i>Sl</i> 因子がICCの分化·増殖に関与すること,即ち消化管律動性収縮の"key molecule"であることが示唆されている.本稿では,これらの知見に加えて,c-Kit/<i>Sl</i> 因子の関与が示唆されている消化管運動性疾患の病態生理学についても紹介する.<br>

The origin of rhythmicity in gastrointestinal motility was long thought to involve the activity of interstitial cells of Cajal (ICC) that locate in close association with enteric neurons and smooth muscle cells. We have demonstrated that significant decrease in the number of cells immunopositive to c-Kit, a type of tyrosine kinase receptor, in the gastrointestinal tract of mice mutated at the <i>W</i>/c-<i>kit</i> locus and BALB/c mice administered with neutralizing c-Kit antibody leads to the impaired autonomic motility of the gastrointestinal tract. It is also demonstrated that ICC express c-<i>kit</i> which plays important roles in development and maintenance of the ICC network in the gastrointestinal tract. ICC, derived from mesenchymal cells, are classified into smooth muscle type and fibroblast type by their morphology and tissue location. The ligand for c-Kit, <i>Sl</i> factor (SLF), has shown to be expressed in enteric neurons and gastrointestinal smooth muscle cells. Studies with mutant mice and transgenic mice have suggested that functional c-Kit/SLF is required for the differentiation and proliferation of ICC as pacemakers and mediators of neural regulation in gastrointestinal motility. Here we review the genetic basis of autonomic gastrointestinal motility and the pathophysiological models.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(4), 227-234, 2002-04-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008991884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6120793
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ