中枢シナプス伝達を制御するカルシウムチャネル Calcium channel subtypes mediating central synaptic transmission

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 籾山 俊彦 MOMIYAMA Toshihiko
    • 岡崎国立共同研究機構生理学研究所大脳皮質機能研究系脳形態解析研究部門 Division of Cerebral Structure, National Institute for Physiological Sciences

抄録

中枢神経系の興奮性および抑制性シナプス伝達は,シナプス前終末に存在する複数種のカルシウムチャネルサブタイプによって制御されている.幼若ラット脳および脊髄のスライス標本にN型およびP/Q型カルシウムチャネルに選択的なブロッカーを投与し,シナプス電流あるいはシナプス電位に対する効果を解析することにより,これまでに海馬,小脳,脊髄,脳幹,線条体等におけるシナプス伝達に対するN型,P/Q型,その他のカルシウムチャネルサブタイプの関与の程度が定量化されている.また,ドパミン等の修飾物質のシナプス前受容体活性化により,シナプス前終末へのカルシウム流入が遮断されて,その結果グルタミン酸やGABAの遊離が抑制される,という機構がいくつかの中枢シナプスで報告されており,特に,線条体ではシナプス前D<sub>2</sub>型受容体とN型チャネルとの選択的な共役が最近明らかとなった.さらに,いくつかの中枢シナプスでは生後週2-3週までに,シナプス伝達に対するN型チャネルの関与が消失することが明らかになっている.今後は,シナプス前終末におけるカルシウムチャネル各サブタイプと生理活性物質受容体および伝達物質遊離部位との位置関係,受容体活性化によるこれらの機能分子の動態,生後発達変化を形態学的にも捉えることが望まれる.<br>

It is well established that neurotransmitter release is triggered by Ca<sup>2+</sup> entry into the presynaptic terminals through voltage-dependent Ca<sup>2+</sup> channels. In the mammalian central nervous system, multiple types of Ca<sup>2+</sup> channels including N-type, P/Q-type and other types mediate fast synaptic transmission. Electrophysiological studies using type-specific antagonists for Ca<sup>2+</sup> channels have estimated the relative contribution of N-, P/Q- and other types of Ca<sup>2+</sup> channels in excitatory and inhibitory synaptic transmission in the hippocampus, cerebellum, spinal cord, brain stem, and striatum. A recent study has demonstrated that activation of presynaptic dopamine D<sub>2</sub>-like receptors selectively block N-type Ca<sup>2+</sup> channels to reduce GABA release onto cholinergic interneurons in the rat striatum. In addition, it has been recently clarified that the contribution of N-type Ca<sup>2+</sup> channels to synaptic transmission is restricted to the early postnatal period at synapses in auditory brain stem, cerebellum, or thalamus. Advanced morphological studies are necessary for the further understanding of the subcellular localization of each subtype of Ca<sup>2+</sup> channels and receptors modulating the transmitter release through Ca<sup>2+</sup> channel activity in relation to the release sites in the presynaptic terminals.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(4), 235-240, 2002-04-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008991927
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6120807
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ