脳微小血管の機能調節 Regulation of brain microvessel function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脳微小血管は,血液脳関門として自由な物質輸送を制限する一方で,血液と脳の間における栄養素,イオン,水,酸素等の輸送を行う.近年,脳微小血管に存在する輸送体分子の実体と,それらの病態における変化が明らかになりつつある.脳微小血管には,促通拡散型のGLUT1がグルコーストランスポーターの主要なサブタイプとして,アクアポリン4が水輸送を行う分子として,p-糖タンパクが異物排出トランスポーターとして発現している.脳微小血管内皮細胞間のタイトジャンクションを構成している分子として,オクルディンとクローディン5が同定された.また,輸送体の機能は,アドレナリン作動性神経等の神経活動,およびアドレノメデュリン等の生理活性ペプチドにより調節されていることが明らかとなってきた.これらの脳微小血管に存在する輸送体の活性および発現を制御することにより,脳浮腫等の脳血管障害のみならず,神経変性疾患,脳の発達異常や老化に対する新たな予防·治療法の可能性が生まれてきた.<br>

The brain microvessels are formed by a specialized endothelium and regulate the movement of solutes between blood and brain. The endothelial cells are sealed together by tight junctions and play a role as the blood-brain barrier. The brain microvessels express GLUT1 as the major form of glucose transporter, aquaporin-4 as a water channel, and p-glycoprotein as a xenobiotic transporter. Occludin and claudin-5 have been identified as the components of tight junction. Increasing evidence suggests that the activities of the transporters are regulated by adrenergic nerve activity as well as by bioactive peptides such as adrenomedullin. The regulation of the activity as well as expression of these transporters may become a strategy for prophylaxis and treatment of not only cerebral vascular diseases but also neurodegenerative disorders, developmental abnormalities and aging of the brain.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(5), 281-286, 2002-05-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  39件中 1-39件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008992029
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6148787
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ