アデノウイルスを用いた遺伝子導入法 Introduction of the conventional method of DNA transfection by adenovirus vector

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 沖米田 司 OKIYONEDA Tsukasa
    • 熊本大学大学院薬学研究科分子機能薬学専攻遺伝子機能応用学講座 Department of Molecular Medicine, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kumamoto University
    • 甲斐 広文 KAI Hirofumi
    • 熊本大学大学院薬学研究科分子機能薬学専攻遺伝子機能応用学講座 Department of Molecular Medicine, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kumamoto University

抄録

多くの製薬企業において,大量の化合物を一度にハイスループットスクリーニング(HTS)により薬効評価を行うようになった現在,HTSに適した評価系の確立が,企業における薬理学研究者の大きなテーマとなってきている.その確立には,目的の受容体や酵素の遺伝子を細胞内に導入し,機能性タンパク質を,大量かつ全ての細胞に安定的に高発現させる技術が必要である.一般に,安定発現株を作成するために,プラスミドやレトロウイルスベクターなどの発現ベクターを用いているが,遺伝子が染色体にランダムに組み込まれることにより予定外の結果が現れたり,その発現量をコントロールすることが困難であることから,特に,毒性のある遺伝子などには応用が難しい.しかしながら,プラスミドの発現ベクターを用いた一過性の遺伝子発現では,全ての細胞に発現させるのは困難であるだけでなく,HTSの際には大変な労力と資金が伴うことなどから問題が多い.このような問題を解決する一つの有用な手段として,アデノウイルスベクターによる遺伝子導入法がある.アデノウイルスベクターは,どのような細胞でも応用可能で,一過性であるにも関わらず比較的長時間(細胞によっては,2週間から2カ月)かつ全ての細胞に高発現させることができる.近年,毒性の少ない改良型アデノウイルスベクターが種々開発されてきているが,特許や共同研究などの制約があるものが多い.そこで,本稿では,誰でも容易に入手できる市販のアデノウイルス作成キットを用いてアデノウイルスを作成した際の我々の経験について,特に,その作成過程における注意事項について実際の知見も交えて概説する.<br>

DNA transfection techniques are necessary to perform the high throughput screening (HTS) for drug discovery. Among many transfection techniques, we will recommend the adenovirus vector for HTS as a particularly useful method. The adenovirus vector has attracted a great deal of attention as a vector for gene therapy and is also useful for studying gene functions in differentiated cells such as neurons and muscle cells. An efficient method of constructing recombinant adenoviruses has been established. In this article, we will introduce the method to produce the desired recombinant adenoviruses and show our findings using these adenoviruses.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌

    日本薬理学雑誌 119(6), 337-344, 2002-06-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10008992266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    6239652
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ