路面状況測定装置によるRH融雪運転時間の削減結果と異なる削減の可能性 : 2002年2-3月・秋田南ICのRH融雪結果より The Reduction Result of RH Operating Time by Measurement Devices of Road Conditions, And the Possibility of More Reduction : The Result of RH Control from February to March, 2002 at Akita-Minami IC

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本雪工学会大会論文報告集

    日本雪工学会大会論文報告集 19, 77-78, 2002-12-16

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • <no title>

    三井

    第18回日本雪工学会大会論文, 2001

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010084570
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10551198
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09166750
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ