科学プラントのリスク評価と許容リスクレベル Risk Assessment and Acceptable Risk Level for Processing Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>欧米においてはリスクをべ一スとした意思決定の風土が長い年月をかけて醸成されており,行政の政策決定にも取り入れられている.一方,わが国においては絶対安全の考え方が長年にわたり続いていたが,近年の規制緩和と自主保安という大きな変動の中で,絶対安全要求という情緒的で観念的な議論から抜け出し,リスクをべ一スとした論理的な議論の必要性が認識されつつある.リスクを論じる場合,リスク評価の手法,社会的に受容されるリスクレベル,リスク認知の現状などにつきさらなる調査研究が必要となろうが本稿では化学プラントにおいて使用されているリスクアセスメントの基本的な手順,</b></tt><tt><b>欧米における許容リスクレベル,リスク認知などについて概説する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(6), 371-378, 2002-12-15

    安全工学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010089266
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6408069
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ