日本化学工業協会のリスク評価システム開発 Risk Assessment System Development by Japan Chemical Industry Association

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>日化協で開発中の化学物質リスク評価システムの概要を述べる.PRTR対象物質簡易評価システムは,PRTR法対応の排出シナリオに沿って事業所周辺の健康・環境影響を簡便に評価するシステムである.事業所周辺の気象データを応用して,周辺の2次元年問平均濃度分布を推定するなどの機能をも 別に,リスクの考え方の三っのレベルおよび今後の人材育成のありかたについて個人的見解を述べ </b></tt><tt><b>た. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(6), 387-392, 2002-12-15

    安全工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010089287
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6408104
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ