機械設備のリスク低減の手順と拡張の考え方 Risk Reduction Process and its Extension for Machinery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>機械設備の安全設計を行うためには,設計者が可能な限りの対策を講じて,なお残るリスクに対して使用者に委ねるという関係が国際的な認識である.そこには絶対的な安全ではなく,止むを得ない事故を明らかにするというプロセスが存在し,国際安全規格ではそのような考え方の上で,体系的な手順を示している,さらに,このような体系を拡張して,リスクの受容を行って従来にない機器に対するリスク </b></tt><tt><b>低減の方法を提案する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(6), 393-399, 2002-12-15

    安全工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010089300
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6408111
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ