リスク評価における損害算定とリスクベースの経営意思決定 Damage Evaluation in Risk Analysis and Risk Based Decision Making

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>原子力発電施設の点検・維持管理のトラブルや安全対策にかかわる意思決定の不透明さに関する問題などを契機として,設備産業における保安投資におけるリスク評価に基づく合理的な意思決定とアカウンタビリティーの必要性が再認識されている. 本稿ではライフライン設備/公益事業について,従来の設備リスク評価と損害算定のフレームを経営レベルの意思決定に適用した場合の問題点を論じ,拡張した損害算定のフレームを提案した.また,DCFによる中長期の企業価値評価の手法を紹介し,これに基づく設備維持管理,保安投資にかかわる </b></tt><tt><b>意思決定の手続きを述べた. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 41(6), 430-434, 2002-12-15

    安全工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010089344
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    6408176
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ