外来患者の服薬アドヒアランスに関する調査報告 A REPORT ON MEDICATION ADHERENCE AMONG OUTPATIENTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<b>目的</b> 慢性疾患の増加や在院日数の短縮化にともない外来で長期にわたり内服治療が必要な患者が増加してきた。本研究では外来で服薬治療を受けている患者の服薬アドヒアランスについて検討した。<br/><b>方法</b> 調査対象は1998年10月のある一日における O 大学附属病院の外来再診患者のうち服薬処方をうけているものとした。外来受診時に服薬に関する20項目からなる質問紙調査を行い,回答のあった943人について,服薬アドヒアランス群とノンアドヒアランス群を判別分析により比較した。<br/><b>結果</b> 服薬アドヒアランスの割合は87.9%であった。飲み忘れの理由はついうっかり,外出時の持参し忘れ,副作用への恐れなどがあった。外来で服薬に関する詳しい説明を受けている人ほど理解度は高くアドヒアランスも良好であった。94.8%の人が少なくとも一度は服薬に関する説明を受けているにもかかわらず,76.9%の人が何らかの不安を感じていた。服薬アドヒアランスが低い人には,飲み忘れないように声をかけてくれる人が身近にいない,服薬に関する不安がある,服薬に関する説明をうけていない,服薬についての理解度が低い,20歳代の若い年齢層に多いなどの特徴があった。<br/><b>結論</b> O 大学附属病院における服薬アドヒアランス率は高かったが,ほとんどの人が服薬に関する何らかの不安を感じていた。アドヒアランスの予測因子として,周囲のサポートなど患者の生活と関係のあるものがあげられたことから,患者の生活に適した服薬援助が重要であるといえる。

<b>Background</b> Increase in chronic disease and hospital stays of minimal length have caused a rise in the number of outpatients receiving long-term medication. The authors conducted the present study to examine their adherence to medication.<br/><b>Methods</b> Self-administered questionnares covering 20 items related to adherence were collected from outpatients who received medication from O university hospital on a day in October 1998. The authors examined the relationship between adherence to medication and lifestyle and then analyzed predictors of adherence using discriminant analysis.<br/><b>Results</b> The rare of adherence to medication for 943 outpatients in O university hospital was 87.9%. The major reasons for non•adherence were "forgetting medication", "leaving home without [one's] medication," "suspecting side effects" and "having no sympoms". The patients who made a detailed explanation displayed better understanding and adherence to medication.<br/> Although 94.8% of the patients received an explanation about their medications at least once, 76.9% expressed some anxiety about their use. Predictors of poor adherence to medication were "no support to remind the patient to take medicines correctly," "anxiety about medication," "not receiving a detailed explanation about medications," "poor knowledge of medication," and "youth (20-29 years of age)."<br/><b>Conclusion</b> Among outpatients in O university hospital, the medication adherence rate is 87.9%, but most patients had anxieties. The results clarified the need to consider lifestyle in medication management in the outpatient setting, since this was the main predictor of adherence to medication.

収録刊行物

  • 日本公衆衛生雑誌

    日本公衆衛生雑誌 49(12), 1259-1267, 2002-12-15

    Japanese Society of Public Health

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010150488
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05461766
  • NDL 記事登録ID
    6428605
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-216
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ