筋弛緩作用が一定になるよう持続静注した後に, 筋弛緩薬投与を中止した時の作用回復のシミュレーション : パンクロニウム, ベクロニウム, ロクロニウムの比較 Simulations of Recovery Times Following Nondepolarizing Neuromuscular Blockade Produced by Steady-state Infusions : Vecuronium, Pancuronium and Rocuronium

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 19(10), 601-608, 1999-12-15

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010153815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330159
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02854945
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ