局所麻酔薬バイアルおよび輸液ボトルのゴム栓の無菌性 Sterility of Rubber Septum of Vial and Transfusion Bottle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市販の未開封局所麻酔薬バイアル,全身麻酔薬バイアルおよび輸液ボトルのゴム栓の無菌性と,消毒用アルコール綿によるゴム栓清拭の意義について検討した.また,これらの薬剤が菌によって汚染された場合にどのような発育を示すのかについても観察した.バイアルのカバーを取り除いた直後のゴム栓には,細菌および真菌が検出されなかった.しかし,アルコール綿で清拭した後では,20%に真菌の集落が検出された.リドカインバイアルにstaphylococous aureusならびにCandidaalblcansを播種したところ,生菌数は経時的に減少した.しかし,プロポフォールバイアルや輸液ボトルに播種された菌は24時間以降有意に増加した.

We studied the sterility of the rubber septums on anesthetic vials and a transfusion bottle and evaluated the disinfection with alcoholsoaked cotton. Neither bacterial nor fungal cells were detected on the rubber septum of the vials by the culture method, while fungal cells were detected in 2 out of 10 vials after swabbing with alcohol-soaked cotton. Staphylococcus aureus and Candida albicans cells were inoculated in anesthetic vials and a transfusion bottle, and their growth was observed. The viable numbers of both organisms was reduced in the lidocaine vial, although increasing numbers were observed in the propofol vial and the transfusion bottle.

収録刊行物

  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia

    日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 21(3), 156-159, 2001-04-15

    THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ANESTHESIA

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010154574
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330159
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02854945
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ