オゾン漂白用排ガス処理装置の開発 Exhaust Gas Treatment System for Ozone Bleaching Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北谷 純治 KITATANI Junji
    • 三菱製紙株式会社 北上工場 パルプ製造部 パルプ技術グループ Kitakami Mill, Mitsubishi Paper Mills Limited
    • 讃井 宏 SANUI Hiroshi
    • 日本酸素株式会社 ガス営業本部 市場開発部 企画・開発グループ Market Development, Nippon Sanso Corporation
    • 岩本 一帆 IWAMOTO Kazuho
    • 日本酸素株式会社 ガス営業本部 市場開発部 企画・開発グループ Market Development, Nippon Sanso Corporation

抄録

オゾン漂白排ガス中に含まれる酸素の再利用は, 漂白薬品コスト低減のために有効な技術である。この酸素を効率よく使用するためには, 残オゾンの分解と残酸素の精製が必要である。本稿では, 新規に開発したオゾン漂白用排ガス処理装置について紹介する。<BR>本装置は, 充填塔タイブのガス吸収塔, ポンプ, ファン等から構成されている。吸収液には, オゾン分解に必要な硫化ソーダや炭酸ガス吸収に必要な苛性ソーダを豊富に含有している, クラフトパルプ製造工程のアルカリ液を使用する。<BR>また本装置は, 構造が単純で腐蝕等の危険性が少なく, メンテナンスも容易である。<BR>更にオゾン分解装置として, イニシャルコスト, ランニングコストともに従来の熱分解方式に比べて大幅に安価になる。これらのメリットについても, 本稿で述べる。

Reuse of the oxygen in the exhaust gas from ozone bleaching process is an available technology for chemical saving. To use the residual oxygen effectively, it is necessary to destruct the residual ozone, and to refine oxygen. In this paper, we will introduce the newly developed exhaust gas treatment system for ozone bleaching process.<BR>This system is composed of a packed type absorbing tower, pumps and fans. And for absorbing agent we use alkali in the kraft pulping process, which contains sodium sulfide for ozone destruction and caustic soda for carbon dioxide absorption. This system is very simple, and almost free from corrosion, and the maintenance is easy. And also as an ozone destructor, both equipment cost and running cost are cheaper compared with the heating type one. These points are also discussed in this paper.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(1), 79-83, 2003-01-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010176249
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6421845
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ