燃料区分の見直しについて About Reexamination of Fuel Classification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日本製紙連合会の地球温暖化対策白主行動計画フォローアップにおけるエネルギー区分は, 「購入エネルギー」, 「自給エネルギー」, 「廃棄物エネルギー」になっているが, 呼称と内容が必ずしも一致していないところがある。このため当会のエネルギー委員会で検討した結果, 以下に述べる理由により区分の仕方を変更し。呼称も「化石エネルギー」, 「再生可能エネルギー」, 「廃棄物エネルギー」に変更することとしましたのでお知らせします。

Japan Paper Association (JPA) had classified the energy used in pulp and paper industry into three categories (purchased energy, self-support energy, and waste energy) in "JPA's Voluntary Action Plan on Global Warming Measures". There was the problem, however, that each name of those categories did not necessarily explain the feature of energies which each category contains. Therefore, for the below reason, Energy Committee of JPA changed classification method and reclassified those categories as fossil energy, renewable energy, and waste energy, we announce you.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(1), 126-127, 2003-01-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010176273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0022815X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ