丸石-ビロマティック・大判カッターの最新技術 Maruishi-Bielomatik Folio Sheeter・The Newest Technology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

丸石-ビロマティックの大判カッターは, 年々変化するめまぐるしい世界情勢の中でその地位を確立し, また市場のニーズに応えるべく新しいデザインに一新された。<BR>スタックチェンジ時のリジェクト紙をゼロとしたノンリジェクトシステム, 高速バス通信を使用したアナログレスなドライブ制御, IPC (Industrial Personal Computer) を使った統括コントロールなど様々な新しい機能が採用されている。特に制御システムは最新テクノロジーをふんだんに取り入れた。またクロスカッターはDD (ダイレクトドライブ) タイプに統一されスピードカーブも格段に向上している。当社独自の装置としてはパレットロボットもある。カッターの後工程において製品を崩さず傷つけることなく, 自由な場所へ搬送することが可能である。これらの最新技術を使った大判カッターは, 高品質, 高生産と省力化に充分貢献できると考えている。<BR>本報ではこれらを含めた, 大判カッターにおける最新の技術とその特徴について将来展望を交えながら紹介する。

In the rapidly changing international market today, Maruishi-Bielomatik Folio Sheeter has distinguished itself by tailoring its innovations to meet the customer's specific needs.<BR>Maruishi-Bielomatik Folio Sheeter has transformed the latest technology into new machine systems, such as non-reject system which has zero reject paper during stack change; analog less drive control with high-speed bus communication; unit control by IPC (Industrial Personal Computer). Especially, the control systems are infused with newest technology. Moreover, the special DD-type (direct drive) cutter has remarkably improved the speed curve, and Maruishi pallet robot system can securely carry damage-free paper products anywhere after piling.<BR>With new technology and concept. Maruishi-Bielomatik Folio Sheeter can bolster super quality and high-efficiency production.<BR>Next in this article, I'd like to introduce in details the new technology and high-tech features of Maruishi-Bielomatik Folio Sheeter and also its market prospective in the future.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(2), 174-182, 2003-02-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010176276
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6449890
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ