関東工場(勝田)板紙マシン改造概要 The Outline of Katsuta Paperboard Machine Remodeling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北越製紙関東工場 (勝田) 1号機 (K1) は関東圏の古紙を有効に活用した高品質な特殊白板紙の製造を目的として, 1975年4月に稼動した。稼働以来, 古紙処理設備の増強, 短網5層抄から6層抄への改造, コーター2段塗工化工事等, 品質・操業安定性の向上を目的とした改造を逐次行ってきた。2001年4月から5月にかけて原紙の平滑性改善による品質の向上と操業安定性の向上・高効率化を目的にウェットパートの全面更新工事を実施した。本改造では, 護備単体では目立った最新技術はないが, 搾水能力の強化により, 多品種・幅広い坪量範囲の製品を抄造する上で, 非常にバランスの取れたマシンに生まれ変わった。本報では, K1ウェットパート改造工事の概要と操業経験について報告する。

No.1 machine (K 1) at Kanto Mill (Katsuta) has been in operation since April 1975, manufacturing high quality white paperboard from the used paper collected in Kanto and its surrounding areas. Starting up K 1. Hokuetsu Paper Mills Ltd. has established its place as one of the leading paperboard manufacturer. including the coated ivory board at the Niigata Mill, and the coat white-lined board at Kanto Mill (Ichikawa). Since operation. K 1 has repeated remodeling in order to improve the quality of products and the operating efficiency.<BR>This article introduces the outline of machine remodeling and its operating experience.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(2), 220-223, 2003-02-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010176283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6449966
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ