Fokker-Planck 方程式を用いた神経集団活動の解析

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

単一神経細胞の状態の時間発展の解析にはケーブル方程式とHodgkin-Huxley方程式が強力な道具となるのに対し, 神経集団の状態の時間発展の解析にはFokker-Planck方程式が強力な道具となる. 本稿ではAbeles et al. の多電極測定<SUP>1)</SUP>により示唆されたシンファイヤーチェーン(synfire chain)<SUP>1,2)</SUP>—1 msec程度の時間内に集中した集団的発火が何十段のシナプスに渡って安定に伝播する現象—の解析にFokker-Planck方程式の方法が有効に働くことを紹介する.

収録刊行物

  • 日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks

    日本神経回路学会誌 = The Brain & neural networks 8(3), 94-102, 2001-09-05

    Japanese Neural Network Society

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010424588
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658570
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1340766X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ