脊梁山脈西山麓部, 向町盆地・新庄盆地南部に分布する鬼首池月テフラ層(O-Ik) O-Ik Tephra Distributed in Mukaimachi and Shinjo Basins, Western Foot of Ou Backbone Range, Northeastern Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脊梁山脈中央部に位置する鬼首カルデラを起源とする中期更新世テフラ層として,鬼首池月テフラ層(O-Ik:約250ka)がある.O-Ikは,火砕流堆積物を主体とする総体積18~36km<sup>3</sup>のテフラ層で,脊梁山脈東山麓側の宮城県北部丘陵地域に分布する最大規模のテフラ層として広く認められてきた.一方,脊梁山脈西山麓の向町・新庄盆地では,山屋層と呼ばれる厚い砂礫層の中および上位の層準に,火砕流堆積物が認められてきたものの,他地域のテフラとの対比がなされていなかった.本稿では,向町・新庄盆地に分布するテフラ層中の火山ガラスや斜方輝石の屈折率測定,および火山ガラスの主成分化学組成の分析から,同地域においてもO-Ikが分布することを明らかにした.この新たな知見により,新庄盆地南部に分布する舟形断層・長者原断層など構造線の活動場の変化と,それに伴う丘陵内の高度分化を時系列的に明らかにできた.さらに,脊梁山脈を挾んだ東西山麓地域での中期更新世以降の地殻変動と地形発達様式に差があることが明らかになった.

Onikobe Ikezuki tephra (O-Ik: ca 250 ka), which consists of vast pyroclastic flow deposits and their underlying fall unit, is a middle Pleistocene marker tephra in Miyagi Prefecture, eastern foot of the Ou Backbone Range, in the central part of Northeast Japan. This study reports that O-Ik tephra was also found in Mukaimachi and Shinjo Basins located just at the western foot of the Range. Identification of the tephras is based on an index of glass and opx and major chemical compositions of glass shards. O-Ik is intercalated in Quaternary gravel deposits or overlying it, in the so-called Yamaya Formation, in the study area. This finding will be very helpful for clarifying the middle Pleistocene chronology and geomorphological development in both the mountain and foot areas across the Ou Backbone Range. It will contribute to setting a time scale for clarifying neotectonic movement and geomorphic evolution in Shinjo Basin through the middle Pleistocene.

収録刊行物

  • 第四紀研究

    第四紀研究 41(6), 457-469, 2002-12-01

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010427997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    6373212
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ