小児における気管支喘息発作に対するベクロメサゾン吸入の急性効果に関する検討 TREATMENT OF ACUTE ASTHMA ATTACKS IN CHILDREN USING INHALED BECLOMETHASONE DIPROPIONATE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

小児気管支喘息発作の急性期治療にBDIを併用し, その効果について検討した. 対象は平成7年4月から平成8年3月までに気管支喘息発作のために入院した患児BDI群11名 (男子7名, 女子4名), 非BDI群19名 (男子6名, 女子13名) である. 入院後アミノフィリン持続点滴, β刺激薬および Disodium Cromoglycate 吸入による治療を行った. BDPの投与量は1日150~300μg (平均8.7±2.6μg/kg), 1日3回スペーサーを用いて吸入させた. さらにPEFを測定し, 入院14日までの変化を比較した. 喘鳴消失までの期間はBDI群で平均4.0±0.7日, 非BDI群で4.5±0.5日, 入院期間はBDI群で平均9.5±0.9日, 非BDI群で8.5±0.5日であり, 有意差は認められなかった. PEFRも両群間で有意差はなく, 急性発症発作時の治療としてBDIの有用性は認められなかった.

The efficacy of additional beclomethasone dipropionate to a conventional therapy in the treatment of acute asthma attack in childhood was evaluated. The mean dose of BDP was 8.7±2.6μg/kg/day, taken 3 times a day through a spacer. BDI did not hasten improvement of wheezes and PEFR. It was not demonstrated that BDI had acute effect to get early recovery of acute asthma attacks.

収録刊行物

  • 日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology

    日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology 11(2), 65-68, 1997-06-25

    THE JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010502523
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10064415
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142649
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ