亜型悪性高熱症に対して血液濾過を施行した2症例の検討 Two case of malignant hyperthermia with hemofiltration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急激な血清CPK値の上昇を認めた亜型悪性高熱症を2例経験した。両症例共に体温上昇は軽度であったが, 著明なミオグロビン尿および10万IU/Lを超える血清CPK値を認めたため, 筋融解による急性腎不全を防ぐために1例目では発症から24時間後に, 2例目では8時間後に血液濾過を施行した。以後, 腎機能の悪化は認められず良好な経過を得た。悪性高熱症において急激な筋融解が原因で起こる急性腎不全は未だ重要な合併症であり, 適切な予防や治療が必要である。臨床症状や筋融解を示す血中逸脱酵素の変化を遅れることなく把握し, 早期からの血液浄化法の施行も治療のオプションであると考えられる。

We encountered two cases of a subtype of malignant hyperthermia in which marked myoglobinuria and sharply increased serum CPK values in excess of 100, 000 IU occurred. To treat the myolysis-induced myoglobinuria and to prevent metabolic products causing acute renal failure, we instituted hemofiltration 24 hours after the onset of mioglobinuria in one case and 8 hours post-onset in the other case, and obtained favorable results. Acute renal failure remains a significant complication in malignant hyperthermia and it is a major factor influencing the outcome of patients. Early hemocatharsis should be instituted on the basis of the patient's status, their serum CPK levels, and their clinical course.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 22(1), 43-46, 2003-04-15

    The Japanese Society of Reanimatology

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

ページトップへ