児童による心肺蘇生法の実施について A Study on Children's Ability to Perform Cardiopulmonary Resuscitation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

心肺機能停止では, 時間の経過とともに同復の機会は減少する。従って, いかに早く正しい心肺蘇生法を行うかが重要になってくる。著者らは心肺蘇生法の普及・教育は早い年齢段階から行うことが必要であると考え, 高学年児童 (5, 6年生) に心肺蘇生法の講習会を実施し, 実践能力がどの程度あるのか, また, 心肺蘇生法についてどのように感じているのかを評価した。<BR>その結果, 児童でも心肺蘇生法の実施においては十分な効果が望めることが明らかになった。また, 児童自身が心肺蘇生法の必要性を感じており, これからの小学校の教育課程に心肺蘇生法を導入しても十分な効果が得られるものと考えられた。

A course in Cardiopulmonary Resuscitation was carried out with primary school pupils who were 11 and 12 years old in order to find out how much ability they had to perform it, and how they felt about Cardiopulmonary Resuscitation. This course found out that students of the upper grades at primary school could manage this skill properly and the pupils felt the need of this skill on their own. Therefore the authors conclude that the introduction of Cardiopulmonary Resuscitation to the education at primary school is appropriate.

収録刊行物

  • 蘇生

    蘇生 22(1), 47-50, 2003-04-15

    The Japanese Society of Reanimatology

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

キーワード

各種コード

ページトップへ