N-acetyltransferase 2 (NAT2), glutatione S-transferase M1 (GSTM1) cytochrome P450 (CYP1A1)の遺伝子多型は日本人の子宮内膜症患者の遺伝的傾向となり得るか? Could polymorphisms of N-acetyltransferase 2 (NAT2), glutathione S-transferase M1 (GSTM1), and cytochrome P450 (CYP1A1) be responsible for genetic predisposition to endometriosis among Japanese?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 東京醫科大學雜誌

    東京醫科大學雜誌 61(1), 59-66, 2003-05-15

    東京医科大学医学会

参考文献:  36件中 1-36件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010763764
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0015778X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00408905
  • NDL 記事登録ID
    026696284
  • NDL 請求記号
    Z19-393
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ