脳梗塞急性期の嚥下障害と入院時嚥下評価の意義 Dysphagia in Acute Ischemic Stroke and the Validity of Evaluating Swallowing Function on Admission

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

[背景と目的] 脳梗塞急性期における不適切な栄養手段選択により, 呼吸器感染症の発生を助長する可能性がある. 当センターでは2001年6月から入院時の嚥下評価と早期栄養手段決定のシステムを徹底させた.脳梗塞急性期の嚥下障害の実態を明らかにし, 入院時嚥下評価と早期栄養手段決定が呼吸器感染症予防にもたらす効果について検討した.<BR>[背景と目的] 脳梗塞急性期における不適切な栄養手段選択により, 呼吸器感染症の発生を助長する可能性がある. 当センターでは2001年6月から入院時の嚥下評価と早期栄養手段決定のシステムを徹底させた. 脳梗塞急性期の嚥下障害の実態を明らかにし, 入院時嚥下評価と早期栄養手段決定が呼吸器感染症予防にもたらす効果について検討した.<BR>[結果] 年齢, 入院時の重症度と嚥下障害重症度との間に相関はないが, 65歳以上の老齢者では非老齢者に比して有意に嚥下障害が多い. 初期栄養手段は末梢静脈栄養のみの患者がシステム導入前の14.1%から6.3%へと減少しており, 早期に栄養手段の選択がなされていた. 呼吸器感染症は導入前の9.8%に対して5.6%と低い傾向が見られた (p=0.17).<BR>[結論] 脳梗塞急性期の重症度は嚥下障害の程度に必ずしも相関しないが, 65歳以上では嚥下障害の合併が多い. 早期の嚥下評価とこれに基づく栄養手段決定は呼吸器感染症を予防する可能性がある.

収録刊行物

  • 環境感染

    環境感染 18(1), 1-5, 2003-01-10

    Japanese Society of Environmental Infections

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010768510
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1019475X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183337
  • NDL 記事登録ID
    6428878
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-3650
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ