頭部・上体の体位変換が、ミダゾラム鎮静法中の上気道開通性に与える影響について Effects of Head and Body Position on the Upper Airway Collapsibility in Normal Subjects during Conscious Sedation with Midazolam

この論文をさがす

著者

    • 池田 英敏 IKEDA Hidetoshi
    • 長崎大学大学院歯科薬学総合研究科臨床病態生理学講座 Department of Clinical Physiology, Nagasaki Universoty, Graduate School of Biomedical Sciences
    • 鮎瀬 卓郎 AYUSE Takao
    • 長崎大学大学院歯科薬学総合研究科臨床病態生理学講座 Department of Clinical Physiology, Nagasaki Universoty, Graduate School of Biomedical Sciences
    • 大井 久美子 OI Kumiko
    • 長崎大学大学院歯科薬学総合研究科臨床病態生理学講座 Department of Clinical Physiology, Nagasaki Universoty, Graduate School of Biomedical Sciences

収録刊行物

  • 日本歯科麻酔学会雑誌

    日本歯科麻酔学会雑誌 31(2), 112-121, 2003-04-15

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10010769526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191223
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03865835
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ