フイルムコンデンサー工場溶射工程での金属皮膚炎に関する調査報告 Investigation of the Cause of Contact Dermatitis due to Heavy Metal in a Metal Spray Process in a Film-Condenser Factory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フィルムコンデンサー製造工場の溶射工程に従事する作業者の金属皮膚炎の原因を究明するため,1. 金属粉体の曝露を受ける作業者に対しアンケート調査を実施し,2. この金属粉体の成分を分析し,3. さらにこの金属粉体とその成分のパッチテストを行った.アンケート調査の結果,26名中12名(46.2%)が皮膚炎を経験していることが判明した.症状は掻痒感や掻痒感を伴った紅斑・丘疹が主だった.金属粉体の分析の結果,酸化銅は検出されなかったが,本来溶射材料には含まれないニッケルが検出された.皮膚炎を呈した作業者1名は2.5%硫酸ニッケルにて陽性となった.数名は5%硫酸銅にて刺激反応を示した.上記結果から,この皮膚炎は銅による一次刺激性皮膚炎もしくはニッケルによるアレルギー性接触皮膚炎,あるいはこれらが混在している可能性が高いと考えられた.皮膚炎を予防するため,局所排気装置の改善,発汗を抑えるための室温の管理,さらに作業者に対して手洗いの重要性を教育するよう指導した.これらの対策がなされた後,皮膚炎の発生は抑えられ,また治療を必要とする作業者はいなくなった.<br>

To investigate causes of contact dermatitis in the metal spray process in a film-condenser factory, we developed a questionnaire survey for workers exposed to metal dust, analyzed the metal dust, and conducted patch tests with the metal dust and its constituents. In the questionnaire survey, we identified 12 workers (12/26, 46.2%) who had had dermatitis. The main symptoms were itching, itchy red skin and itchy papules. Analysis of the metal dust showed that there was no copper oxide, but nickel, not contained in the materials of the metal spray, was detected. One worker with dermatitis had a positive reaction to 2.5% nickel sulphate. Some of the workers showed primary irritant reactions to 5% copper sulphate. As a result, we considered that these cases of dermatitis involved irritant contact dermatitis due to copper and/or allergic contact dermatitis due to nickel. To prevent dermatitis, we recommended improvement in ventilation, reducing the room temperature to reduce sweating, and to educate workers on the importance of frequent hand washing. Thereafter, the incidence of dermatitis decreased, and there were no cases requiring medication.<br>

収録刊行物

  • 産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health

    産業衛生学雑誌 = Journal of occupational health 46(1), 13-20, 2004-01-20

    Japan Society for Occupational Health

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012081090
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467364
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13410725
  • NDL 記事登録ID
    6852410
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-308
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ