インフルエンザ菌P6外膜蛋白反応性T細胞の解析 Analysis of the T cell line specific to the outer membrane protein P6 of nontypeable Haemophilus influenzae

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石田 芳也 ISHIDA Y
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 安部 裕介 ABE Y
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 柳内 充 YANAI M
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 今田 正信 IMADA M
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 林 達哉 HAYASHI T
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 野中 聡 NONAKA S
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科 Dept. of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College

抄録

著作権は学会に属す出版社版ペプチドワクチン開発の基礎的研究として,健常人末梢血より分離したCD4陽性細胞及び樹状細胞を用いてP6蛋白に特異的に反応するT細胞株を樹立し,その反応性について解析した.樹立した,P6外膜蛋白反応性T細胞株は,P6蛋白のオーバーラッピングペプチドの8番のペプチド内に,エピトープが存在し,T細胞株は,HLA-DR9分子を介してP6蛋白の抗原提示をうけていた.DR9分子保有者に対するP6蛋白のペプチドワクチン療法として,P6蛋白のオーバーラッピングペプチドの8番のペプチドがそのワクチン抗原の一つになる可能性が示唆された

収録刊行物

  • 耳鼻咽喉科免疫アレルギー

    耳鼻咽喉科免疫アレルギー 21(2), 208-209, 2003-06-30

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012081532
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00139176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09130691
  • データ提供元
    CJP書誌  IR 
ページトップへ