<特集>n-3系多価不飽和脂肪酸の各種病態に対する有用性の検討(<特集>診療・研究の最前線(II)) <Special Review>Effects of n-3 polyunsaturated fatty acids on the pathophysiology of various diseases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)などのn-3系多価不飽和脂肪酸(n-3系PUFAs)を多量に含有する魚脂が,最近様々な分野で注目されている.その作用は,細胞膜の構成成分としての作用やプロスタグランディン(PGs)およびロイコトリエン(LTs)などのエイコサノイドを介しての作用のほか,まだ解明されていないものもある.小児科領域では,新生児・乳児の視機能および脳の発達に対する作用,抗炎症および抗アレルギー作用・脂質低作用などが実際に臨床応用されている.当教室での臨床および動物実験においても,炎症性腸疾患やアレルギー性疾患に対するn-3系PUFAs投与の有効性が確認されている.

N-3 polyunsaturated fatty acids (n-3 PUFAs) such as eicosapentaenoic acid (EPA) and docosahexaenoic acid (DHA), are abundant in fish oil, have received increasing attention in various clinical fields. The actions of n-3 PUFAs are performed as components of cell membranes or through the production of eicosanoids, including prostaglandins (PGS) and leukotriens (LTs). In pediatric practice, n-3 PUFAs participate in the development of visual and brain functions in infants and in the anti-inflammatory and anti-allergic functions. This paper reports the results of our clinical and animal studies concerning the effects of n-3 PUFAs on inflammatory bowel diseases and allergic diseases.

収録刊行物

  • 順天堂医学

    順天堂医学 49(1), 12-23, 2003-05-30

    順天堂大学

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012081928
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00113194
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00226769
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ