QALYあたりの社会負担の上限に関する調査研究 Empirical Research for the Critical Value of Expenditure per QALY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 本稿では,費用対効果分析において重要となるパラメーターである社会が負担できるQALYあたりの費用の上限値を調査によって収集,分析した。その結果,平均600万円,中央値100万円と非常に偏った分布を持ち,年齢と世帯所得に関して有意な関係を認めた。世帯所得の係数が1であるとする帰無仮説における仮説検定は棄却され,これまでしばしば用いられている,人的資本から社会が負担できるQALYあたりの費用の上限値を求めることは支持されない。

This paper surveys and considers the critical value of expenditure per QALY which society can bear, the most important parameter in the cost-effectiveness analysis. This type of research to determine the crtical value has not yet been performed, and thus this paper shall contribute greatly to this field. As a result, the average is six million yen (50 thousands US dollars) but the median is one million yen (eight thousands US dollars), and thus it has a very skewed distribution. Additionaly, age and household income affect it siginificantly. The null hypothesis that the income elasticity is one, is rejected. Therefore, the calculation method based on human capital or foregone income for critical value of expenditure per QALY that society can bear, which has been adopted in previous research, is not supported.

収録刊行物

  • 医療と社会

    医療と社会 13(3), 121-130, 2003-11-28

    The Health Care Science Institute

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012091351
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10372213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09169202
  • NDL 記事登録ID
    6782621
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-3523
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ