高機能性食品因子、アントシアニン類の新しい生理的意義に関する基盤研究 Studies on Anthocyanins as a Novel Physiological Functional Food Factor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 津田 孝範 TSUDA Takanori
    • 同志社大学研究開発推進機構バイオマーカー研究センター Research Center for Biomarkers of Preventive Medicine, Doshisha University

抄録

アントシアニンは食用色素として利用されており, 日常的に摂取する多くの植物性食品に含まれている。しかしアントシアニンの生理機能については研究が遅れていた。著者はアントシアニンのもつ生理機能に注目し, 個体レベルでの証明を試みた。その結果, ラットにおいてシアニジン3-グルコシド (C3G) は抗酸化物質として機能することを明らかにした。ヒトおよびラットにおいてC3Gあるいはルチノース配糖体は吸収され, 直接血中に検出されることを明らかにした。ラットでは吸収されたC3Gは生体内で分解しプロトカテキュ酸を生じ, 組織ではメチル化された。次にアントシアニンの新たな生理機能を検討した結果, マウスにおいて紫トウモロコシ色素添加食 (0.2%C3G) の摂取は, 高脂肪食負荷における体重増加, 脂肪組織重量および脂肪細胞の肥大化を抑制し, 高脂肪食による高血糖, 高インスリン, 高レプチン血症を正常化した。以上の結果はアントシアニンの生理機能性食品因子としての重要性と新たなファンクショナルフードの創製の基盤を示すものと考えられる。

Anthocyanins are used for food coloring, and are widely distributed in human foods, suggesting that we ingest large amounts of anthocyanins from plant-based foods. However, anthocyanins have not been recognized as a physiologically functional food factor. In <i>in vivo</i> (rat and human) studies, we have demonstrated that anthocyanins are potent physiological functional food factors that are absorbed and metabolized. Dietary cyanidin 3-glucoside (C3G), one of the typical anthocyanins, functions as a potent antioxidant <i>in vivo</i> (liver ischemia-reperfusion and zymosan-induced inflammation system in rats). We have also demonstrated the absorption and metabolism of C3G and delphinidin (Del) derivatives in rats and humans. C3G was degraded to protocatechuic acid and metabolized to methylated C3G in rats. In the human study, C3G, Del 3-glucoside and Del 3-rutinoside were also directly absorbed and distributed to the blood. Based on our results, C3G is expected to have more beneficial effects beyond its antioxidant activity. We demonstrated that dietary C3G-rich purple corn coloring suppressed the development of obesity and ameliorated hyperglycemia induced by a high-fat diet in mice. Our findings provide a biochemical and nutritional basis for the use of anthocyanins as a functional food factor, which can also have important implications for the development of physiological functional foods.

収録刊行物

  • 日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science

    日本栄養・食糧学会誌 : Nippon eiyo shokuryo gakkaishi = Journal of Japanese Society of Nutrition and Food Science 57(1), 35-43, 2004-02-10

    Japan Society of Nutrition and Food Science

参考文献:  34件中 1-34件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 成分・分析

    磯谷 敦子

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 100(4), 241-244, 2005-04-15

    参考文献48件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012096785
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00311992
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02873516
  • NDL 記事登録ID
    6852596
  • NDL 雑誌分類
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL 請求記号
    Z19-53
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ