ハンセン病の世界的現状と分子疫学最近の進歩 Global Situation of Leprosy and Recent Progress in Molecular Epidemiology of the Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 和泉 眞藏 IZUMI Shinzo
    • アイルランガ大学熱帯病センター Leprosy Study Group Tropical Disease Center, Airlangga University
    • AGUSNI Indropo
    • アイルランガ大学熱帯病センター Leprosy Study Group Tropical Disease Center, Airlangga University

抄録

らい菌のMicro-satellite多型であるTTC repeatの発見に端を発したハンセン病の分子疫学の進歩は、感染源、感染様式などハンセン病医学の基本的な問題について実証的な研究に道を開いた。そこから得られた科学的知見は、未治療の多菌型患者をほとんど唯一の感染源と考え、早期発見・早期治療と多剤併用療法の普及により公衆衛生問題としてのハンセン病を制圧しようとする現行の戦略に根元的な疑問を投げかけている。こうした現状におけるハンセン病専門家の責務は、それぞれの地域の分子疫学的データに基づいて実行可能なハンセン病対策を提案することである。

Recent discovery of genetic diversity of <I>Mycobacterium leprae</I> such as variable number of tandem repeats opened a new era in molecular epidemiology of leprosy infection. It was revealed that the leprosy bacillus in residential environment of endemic villages is an important source of infection. The global elimination strategy will be revised taking new molecular epidemiological knowledge into account. Responsibility of leprosy specialist is to propose feasible control program to local administration based on the epidemiological analysis on transmission of the disease.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 73(1), 37-46, 2004-02-28

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012122997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ