上高地乗鞍スーパー林道で発生した雪崩(2003年1月5日)の調査報告 Report on avalanches at Kamikouchi-Norikura Super-rindo on 5 January, 2003

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山口 悟 YAMAGUCHI Satoru
    • 独立行政法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究部門 長岡雪氷防災研究所 Nagaoka Institute of Snow and Ice Studies, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 西村 浩一 NISHIMURA Kouichi
    • 独立行政法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究部門 長岡雪氷防災研究所 Nagaoka Institute of Snow and Ice Studies, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 納口 恭明 [他] NOHGUCHI Yasuaki
    • 独立行政法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究部門 長岡雪氷防災研究所 Nagaoka Institute of Snow and Ice Studies, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 佐藤 篤司 SATO Atsushi
    • 独立行政法人 防災科学技術研究所 雪氷防災研究部門 長岡雪氷防災研究所 Nagaoka Institute of Snow and Ice Studies, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 和泉 薫 IZUMI Kaoru
    • 新潟大学 積雪地域災害研究センター Research Institute for Hazards in Snowy Areas, Niigata University
    • 村上 茂樹 MURAKAMI Shigeki
    • 独立行政法人 森林総合研究所十日町試験地 Forestry and Forest Products Research Institute, Tohkamachi Experimental Station
    • 山野井 克己 YAMANOI Katsumi
    • 独立行政法人 森林総合研究所十日町試験地 Forestry and Forest Products Research Institute, Tohkamachi Experimental Station
    • 竹内 由香里 TAKEUCHI Yukari
    • 独立行政法人 森林総合研究所十日町試験地 Forestry and Forest Products Research Institute, Tohkamachi Experimental Station

抄録

2003年1月5日に長野県南安曇郡安曇村の上高地乗鞍スーパー林道で起こった複数の雪崩は,死者こそ出なかったが車20台以上を巻き込む大災害となった.雪崩の種類は面発生乾雪表層雪崩であった.今回の雪崩の特徴は,従来雪崩があまり発生しないと考えられている森林内から発生したことである.現地における断面観測より,今回の雪崩は表層から約30cm下層に形成された"こしもざらめ層"が弱層となり発生した事がわかった.積雪変質モデル並びに現場近くの気象データを用いた数値実験でも,同様の"こしもざらめ層"の形成を再現することができた.弱層になった"こしもざらめ層"は,1月1日の晩から1月2日の朝に積もった雪が,3日早朝の低温,弱風という気象条件下で変質して形成されたと推定される.今回の研究結果により,雪崩予測における積雪変質モデルの適応の可能性が明らかになった.また,考えられている森林の雪崩抑制効果に関してより詳細に検討する必要性があることも示された.

A field survey and numerical simulation were carried out to study avalanches which occurred at Kamikouchi-Norikura Super-rindo on 5 January, 2003; they occurred in the forest and more than 20 cars were involved.<BR>A weak layer, which caused these avalanches, was observed 30 cm below the snow surface and was composed of solid type depth hoar. It is conjectured that this weak layer was formed under the following condition; fresh snow deposited between midnight of 1 and the morning of 2 January changed into a solid type depth hoar layer under the weak wind and cold condition on the morning of 3 January.<BR>A simulation using a numerical snowpack model with meteorological data also revealed a solid type depth hoar layer and demonstrated the availability of the model to forecast avalanches.<BR>Although forests are considered to contribute to avalanche protection in general, this avalanche implied that we need to evaluate their effectiveness carefully.

収録刊行物

  • 雪氷

    雪氷 66(1), 51-57, 2004-01-15

    日本雪氷学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012127064
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    6853321
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ