頭頸部癌患者の死の臨床 : 最終時の入院の現状と問題点 TERMINAL CARE FOR PATIENTS WITH HEAD AND NECK CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

頭頸部癌治療の進歩のためには, 根治治療の発展とともに, 治癒が不可能になった患者の終末期を有意義なものにする努力が重要であると思われる。そこで, 当院で診療した後に原病死した頭頸部癌78症例の最終時の入院治療について検討し, 死の臨床の問題点を明らかにしようとした。<br>全死亡症例の82%の症例が当院で最期をむかえており, 平均71日間もの入院治療を要していた。また, それらの患者の治療内容を医学的にのみ考えると, 28%の症例はその時点での入院を避けることができたと思われた。さらに, 最終時の入院治療内容は, 死の受容や家族・社会の支援の程度により著しい差異を生じることが明らかになった。<br>今後, 我々が理想とする入院期間の短縮や近医での終末期治療を可能にするためには, 余命の告知を含めた現状の開示方法の工夫や社会的, 心理的側面を含めた支援体制の整備を計る必要があると考えられた。

Terminal care for the patients with head and neck cancer is very important, however, few studies have focused on it. This study shows the problems in terminal care of patients with head and neck cancer by analyzing the palliative treatment of 78 patients who died from head and neck cancer.<br>The problems comprised insufficient disclosure of the terminal illness and little public and familial support. As a result of these circumstances, more terminal patients with head and neck cancer required hospitalization, meaning that it was not necessary for 28% of these patients to be hospitalized. Eighty-two percent of the patients were in the hospital for definitive treatment of cancer, not in a hospice. Furthermore, a longer period of hospitalization is required with an average period of 71 days.

収録刊行物

  • 頭頚部腫瘍

    頭頚部腫瘍 28(1), 160-163, 2002-03-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012171201
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09114335
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ