頭頸部癌症例に対する少量ネダプラチン併用放射線療法の検討 EVALUATION OF CHEMORADIOTHERAPY OF LOW DOSE NEDAPLATIN (NDP) FOR HEAD AND NECK CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2000年6月までの3年3カ月間に当科で初回治療した頭頸部癌患者で, 少量ネダプラチン併用放射線療法を行った21症例 (22部位) について検討した。症例は咽頭癌と喉頭癌で本治療で根治可能と考えた症例や, 高齢や合併症などのための手術不能例や手術拒否例とした。症例は32才から83才で男性16例, 女性5例であった。病期別では77.3%が進行癌であった。上顎洞未分化癌症例を除くすべてが扁平上皮癌であった。扁平上皮癌21部位を検討すると, 原発部位21部位すべてに治療終了時に臨床的または病理学的にCRとなったが, 4例に再発を認めた。転移リンパ節では14部位のうち11部位 (78.6%) がCRであった。頸部リンパ節の再発はCRと判断された下咽頭癌N3と喉頭癌N0に照射野外より出現した。この結果から, 今後症例を重ね治療成績を評価し, この療法で機能温存やQOLを高める治療が可能かどうか検討したい。

There were 21 evaluable cases (22 lesions) who received concurrent chemotherapy with low dose Nedaplatin and radiotherapy, and the diagnosis was head and neck cancer at our institute during the 3 years and 3 months from March 1997 to June 2000.<br>Approximately 77.3% had advanced cancer, and all cases involved squamous cell carcinoma (SCC) except for one case involving undifferentiated carcinoma of the maxillary sinus.<br>The 21 lesions of SCC which could be assessed by TNM classification showed clinical or pathological CR at the primary lesions (T).<br>In consideration of the metastatic lymph nodes (N), 11 for 14 lesions (78.6%) showed CR.<br>From the results, it is believed that this treatment is an excellent therapy in functional preservation and QOL, though further observation and more cases are necessary.

収録刊行物

  • 頭頚部腫瘍

    頭頚部腫瘍 28(1), 219-225, 2002-03-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012171335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09114335
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ