cDNAアレイを用いた温熱のpH効果に関与する遺伝子解析 USE OF cDNA MICROARRAY TO ANALYZE GENE EXPRESSION AFTER HYPERTHERMIA IN LOW pH CULTURE CONDITION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

cDNAアレイは近年急速に発達している分野であり, 数百から数千以上の遺伝子発現を解析することができる手法である。<br>今回我々はヒト上顎癌細胞株IMC-3における低pH条件下での温熱刺激による遺伝子発現の変化を, cDNAアレイを用いて解析した。さらにRT-PCRを行いその結果を検証した。低pH条件下での温熱刺激で18種の遺伝子の発現が増加していた。これらの中にはアポトーシスに関連する遺伝子と同様に, 細胞周期制御やシグナル伝達に関係する遺伝子が含まれていた。<br>低pHの条件は温熱による細胞死誘導を増感させる効果があるが, 今回発現の変化が観察された遺伝子群がこの増感効果に関係がある可能性が示唆された。

cDNA microarray Was used to identify genes regulated in response to hyperthermia in a low pH culture condition using IMC-3 cells, a human maxillary cancer cell line. cDNA microarray and reverse transcription-PCR (RT-PCR) were performed. Eighteen genes were found to be up-regulated by hyperthermia at a low pH culture. These include genes involved in cell cycle checkpoint control, genes for signal transduction proteins as well as genes associated with apoptosis. The observed change in gene expression may play a role in enhancement of heatinduced cell death in a low pH culture condition.

収録刊行物

  • 頭頚部腫瘍

    頭頚部腫瘍 28(1), 259-263, 2002-03-25

    Japan Society for Head and Neck Cancer

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012171436
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00165234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09114335
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ