機械工学導入教育としてのエンジン解剖とその教育効果 A Trial for Introductory Education of Mechanical Engineering through Disassembly of Automobile Engine and its Educational Effect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

機械工学科に学ぶ新入生のための導入教育として自動車用エンジンを学生自身の手で分解・組立・始動する「機械解剖学演習」なる科目を実施した.その過程において,エンジンやそれを構成する機械要素を観察させ,機械工学専門科目の勉学意欲を向上させるとともに,教職員と学生,学生同士の連帯感と達成感を体験させることを目指した.その結果,エンジンおよび機械要素の観察を通じて,機械工学への興味・意欲を喚起するのに効果があった.また,グループでの共同作業を通じて,学生同士および教職員との連帯感と達成感を体験させることに成功した.

An introductory education of mechanical engineering has been performed for freshmen who have various qualities and their own interests. This subject called mechanical anatomy contains disassembly, reassembly and operation of automobile engine by students themselves. As they precisely observed the structure and elements of the engine during the class, the interests in mechanical engineering could be significantly enhanced along with lively communication among students, department staff and faculty.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(4), 19-24, 2001-07-10

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337476
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ