修習プログラムとしての模型実験・解析・論文作成 Lab Measurements, Analysing and Writing as the Apprentice Program

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

金沢工業大学ではいわゆる「創成科目」を「工学設計」と命名している.この「工学設計I,II,III」を履修した学生が大学院に進学してくるようになってきた.その学生が受講する「大学院創成科目」として想定したものが「修習プログラムとしての模型実験・解析・論文作成」である.今回,大学院1年生2名,学部4年生14名に対して,本プログラムを試行し,有意義な結果を得たので報告する

In Kanazawa Inst. of Technology, what is called "Engineering Design" is named "Kougaku Sekkei". The student who took this subject is going into higher schooling in the graduate school. The content of "Engineering Design IV" in which the student takes it is "Lab Measurements, Analysing and Writing as the Apprentice Program". The program was tried for 2 persons in graduate school, and 14 persons in undergraduate school. And, the result was worthwhile.

収録刊行物

  • 工学教育

    工学教育 49(6), 62-66, 2001-11-20

    Japanese Society for Engineering Education

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012337582
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10486063
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13412167
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ