トポロジー・塩基修飾を考慮した新規遺伝子治療用DNAの開発 : 転写効率の決定因子は発現効率の決定因子である

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Drug delivery system

    Drug delivery system 17(3), 206, 2002-05-10

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012355117
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ