ディーゼル排出微粒子成分であるフェナントラキノンのタンパク性SH基の酸化修飾(その1) : 血管内皮型一酸化窒素合成酸素活性阻害メカニズム Oxidative modification of protein sulfhydryl groups by phenanthraquinone, a component of diesel exhaust particles (1) : The inhibition mechanism of eNOS activity

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌

    日本衞生學雜誌 56(1), 255, 2001-04-01

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012355792
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ