膜翅目昆虫のサンプリングのためのベイトトラップの利用 On the Use of Baited Traps for the Sampling of Hymenoptera

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

パプアニューギニアのマダン地域で1995年8,9月の乾期に,50本の木の樹冠と林床において,ミネラルウォーターの小瓶でつくった100個のベイトトラップを用いて膜翅目昆虫を誘引した。植物および動物性オイルとオレンジジュースをベースとした合計12種類のトラップを用いた。トラップでえられたアリ以外の膜翅目昆虫の個体数・種数,またアリと全昆虫の量いずれもが非常に少なかった。アリ以外の膜翅目,アリ,全昆虫のいずれにおいても地面と樹冠のあいだでの頻度における有意な差は見い出せなかった。しかしながら,上方と下方の採集数を合計すると,パチョリと茶オイルおよびジュースをベースとしたベイトを用いた場合に,誘引の効果が顕著であった。トラッププロトコールの変更と気象の変化が及ぼしうる効果について論じ,また類似の研究との簡単な比較を試みた。膜翅目のいくつかの科に属する種は,トラップを設置した付近を規則的に飛翔しているのが確認されたが,トラップにはかからなかった。このことと,アリ以外の膜翅目のすべてにおいて多様性が低かったことから,ベイトトラップがこのグループの昆虫を大量に捕獲する方法としては効果がうすく,膜翅目の多様性をはかるためのサンプリング装備の1つとはなりえないと結論された。ベイトはありふれたもので安価ではあるが,一方で多量のトラップを要するため,このていどの誘引効果では使用にたえないことが示唆された。

One hundred baited traps, based on small mineral water bottles, were used to trap Hymenoptera in the crown- and field-layers of 50 tree specimens, during the dry season in the region of Madang, Papua New Guinea in August and September, 1995. A total of 12 baits from plant and animal oils and orange juice-based solutions were used. Both the numbers of species and individuals of non-formicld Hyrnenoptera and abundance of both ants and all insects trapped were very low. There was no significant difference in abundance between field- and crown-layers for non-formicid Hymenoptera, ants or all insects. However. there was a significant effect of trap bait, after summing both 'up' and 'down' catches, using patchouli and tea oils and all the orange juice-based baits. The possible effects of an alteration of trapping protocol and changing climate are discussed, Brief comparisons are made with similar studies. Species of several families of Hymenoptera were noted flying regularly in the trapping area, but were not trapped themselves. From this, and the low diversities of all members of non-formicid Hymenoptera, it is concluded that baited traps are not an effective method of mass-sampling this group and are unlikely to become a component of sampling packages for hymenopteran diversity, It is suggested that the cempromise between large numbers of replicatesandnon-specific,inexpensive, baits is so great that the trapping effectiveness is virtually nullified.

収録刊行物

  • Tropics

    Tropics 7(1), 133-140, 1997-10-30

    JAPAN SOCIETY OF TROPICAL ECOLOGY

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012396304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10528811
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0917415X
  • NDL 記事登録ID
    4335676
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-3157
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ