ニワトリの油脂選択性における味覚の役割 The Role of Gustation in Oil Preference in the Chicken

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ニワトリに中鎖脂肪を含む飼料と長鎖脂肪を含む飼料を同時に与えると後者の飼料を好んで摂取することが知られていた。そこでその選択摂取において味覚がどのように関与しているかについて調査した。<br>ニワトリヒナの舌に局所麻酔剤であるoxethazaineを塗布した後に両飼料を選択摂取させた。対照区にはvehicleを塗布した。その結果,対照区においては長鎖脂肪に対する嗜好性が強いものの,試験区においては逆に中鎖脂肪を含む飼料の摂取量がわずかに高まり,油脂選択性が消失した。これらの結果より,ニワトリの油脂選択性には味覚が関与していることが示唆された。

Involvement of gestation on the preference of diets containing 20% medium chain (MCT) or long chain triacylglycerol (LCT) was investigated in the chicken. Oxethazaine, a local anesthesia, was applied to paralyse the sense of the tongue. Oxethazaine (2mg/<i>l</i>) was dissolved in 0.01% hydrochloric acid solution. Just before choice feeding trial, oxethazaine or vehicle was applied on the tongue of birds by using the swab. In the vehicle treatment group, birds dignificantly preferred LCT diet over MCT diet. On the contrary, preference for oil was eliminated by the oxethazaine treatment. Data suggest that oil preference in the chicken might be partly controlled by gustation.

収録刊行物

  • 日本家禽学会誌

    日本家禽学会誌 33(4), 256-260, 1996-07-25

    日本万国家禽学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012404037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186755
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290254
  • NDL 記事登録ID
    4005243
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-333
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ