棘突起 Compression Device (SCD) と棘間ブロッカー (ISB) による腰椎後側方固定術の臨床的検討 A clinical study of Lumbar posterolateral fusion by use of spinous process compression device (SCD) and interspinous process Blocker (ISB)

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society

    日本脊椎外科学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society 8(1), 195, 1997-03-17

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012406891
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186015
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09156496
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ