プレスロール用剥離剤について Release Agent for Press Rolls

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プレスロールへの粘着異物 (ピッチ) および微細繊維の付着は, 欠点や断紙紙表面の毛羽立ちといった様々な問題を引き起こす原因となる。特に抄速1, 200m/分以上の高速マシンでは, その問題が顕著に現れている。<BR>つまりブレスロールからの紙の離れ易さ (剥離性) は, 抄速を制限するだけでなく, 紙の品質にも大きな影響を与えることになる。<BR>ロール表面をクリーンに保つ方法としては, 一般的にカチオン系ポリマー (洗浄剤) が使われてきたが, ドローの低減や紙の毛羽立ち防止には効果が見られなかった。<BR>弊社のプレスロール汚れ防止技術では, ワックス系エマルジョン「オンプレス」をプレスロールに常時適用することによりロール表面に剥離膜を形成。ロールの剥離性を向上させることによって, ロールへの粘着異物の付着, およびその成長を防止している。<BR>この新技術は, ロールの粘着異物の付着や紙の毛羽立ちを防止するだけでなく, マシン増速による生産性の向上, 紙面保護による品質の向上を可能にしている。

Deposition of pitch or fine fiber on the press rolls causes defects in the sheet, sheet breaks and fiber rising. Especially for high speed PMs (more than 1, 200mpm), sheet release from the rolls is not only limiting their speed but also giving strong impact to paper quality.<BR>Cationic polymer has been generally used to keep the roll surface clean, however, those program are not able to reduce draw and fiber rising effectively. Our technology, a continuous application of chemical additives (Wax based emulsion, On Press<SUP>TM</SUP>) directly onto press rolls treats surface and establishes a protective coating that prevents deposit buildup.<BR>In addition to preventing deposition and linting on the press rolls, this new technology enables mills to increase PM speed and/or improve paper quality. In this report, basic mechanism of the roll release is explained and case histories to various grades paper M/C are presented.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(11), 1597-1601, 2003-11-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012433108
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6750872
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ