スギTMPの製造技術 Mechanical Pulping of Cedar : Cryptomeria japonica

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スギは国内に豊富に存在する樹種であり, 建築材や家具等, 様々な用途に利用されているが, パルプ原料とした場合, リグニンや樹脂成分を多量に含み, 容積重が低いことからKP原料としては適していないとされている。しかし, 容積重が低いというスギの特徴はKP原料ではなく, 機械パルプの原料として適性があると考えられたことから, 本研究では実験室スケールでスギを原料としたTMP製造技術について検討を行った。<BR>ラジアータパインに対するスギの配合率を種々変更した原料チップからCTMP法を用いて機械パルプを調製し, パルプ物性の評価を行った。その結果, スギ配合率の増加に伴って, パルプの比散乱係数が増加した。各パルプにおけるファインの性質について調査を行ったところ, スギ配合率が増加するにつれて, 光学的性質に寄与するフレーク状ファインが多く生成することが明らかとなった。従って, スギを配合することにより比散乱係数が増加したのは, 生成するファインの性質が変化したためであると推定される。<BR>また, 過酸化水素を用いた漂白実験において, スギを20%配合した場合は, 配合しないものに比べて到達白色度が約3ポイント高いという結果が得られた。<BR>以上の結果から, スギを原料として製造した機械パルプは, 光学的性質に寄与するフレーク状ファインが多く生成することから比散乱係数が高く, 紙の不透明度向上に対して有望な原料であると考えられる。さらに, 今回評価を行ったスギCTMPは白色度が高く, 漂白性にも優れていることがわかった。

Cedar (<I>Cryptomeria japonica</I>) is the most abundant softwood species in Japan and has been used for construction materials, furniture, barrels, shoes and so forth. However it was regarded unsuitable for mechanical pulping as it contains relatively large amount of lignin and extractives compared with other softwood species such as spruce, hemlock and radiata pine. We tried several thermomechanical processes by the laboratory refiner. changing chemical pretreament and refining temperature. It was found that Cedar CTMP (chemithermomechanical pulp) had the high light scattering coefficient and brightness. and was suitable to produce printing grade papers.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 57(11), 1655-1661, 2003-11-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

  • <no title>

    島地謙

    木材の構造, 131-151,226, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    林野庁

    http://www.rinya.maff.go.jp/

    被引用文献2件

  • <no title>

    米沢保正

    林業研報 253, 55, 1973

    被引用文献1件

  • <no title>

    大谷慶人

    紙パ技協誌 37(9), 59, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    秋本宏樹

    木材学会誌 26(5), 347, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    近藤民雄

    紙パ技協誌 35(8), 59, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    小野晃明

    木材学会誌 26(3), 139, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    OTO H.

    Japan TAPPI/CPPA High-Yield Pulping Seminar, 東京 29, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    MARTON R.

    Tappi 52(12), 2400, 1969

    被引用文献1件

  • Mechanical Pulps : From Wood to Bleached Pulp

    KAPPEL J.

    TAPPI PRESS 16, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    HTUN M.

    Wochenbl. Papierfabr 124(6), 232, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    HEITNER C.

    Svensk Papperstid 85(12), R 78, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    FRANZEN R.

    Nordic Pulp Paper Res. J. 1(3), 4, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    原口隆英

    木材の化学 4, 1985

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012433131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6751005
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ