炎症性腸疾患に対する最新の内科的治療 Current Medical Treatment for Inflammatory Bowel Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

炎症性腸疾患の根治療法はまだ存在せず,ステロイド系薬剤やアミノサリチル酸製剤などの基準薬剤を使用して炎症をコントロールすることが治療目標とされてきた.しかし,近年の基礎的研究の進歩とともに本症の病態や薬剤の作用機序の解明が進み,それに立脚した選択的な治療法の開発が活発に行われるようになった.そのなかには,すでに臨床試験が実施され優れた効果が立証されているものもある.今後,本症の発症機序の解明がさらに進み,より特異的な治療法が開発されることが期待される.

Although the causes of inflammatory bowel disease, including Crohn' s disease and ulcerative colitis, remain incompletely understood, advancing knowledge regarding the mechanisms of intestinal inflammation has led to the development of specific therapies that target individual inflammatory pathways. Many novel therapies are being evaluated for the treatment of inflammatory bowel disease. Of these, monoclonal antibodies to tumor necrosis factor-α (infliximab) have proven to be effective for Crohn' s disease. A better understanding of the pathogenesis of inflammatory bowel disease may help us to develop more effective treatments.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 56(10), 826-833, 2003-10-01

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  44件中 1-44件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012437681
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ