双方向・成長型薬物催奇形性情報コミュニティの構築 Construction of a Growing Information-Community for Teratogenic Agents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山内 あい子 YAMAUCHI Aiko
    • 徳島大学大学院薬学研究科医薬品情報学講座 Department of Pharmaceutical Information Science, Graduate School of Pharmaceutical Science, The University of Tokushima
    • 中馬 寛 CHUMAN Hiroshi
    • 徳島大学薬学部薬品分析学教室 Division of Analytical Chemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokushima

抄録

薬物が原因で起こる胎児奇形は,頻度は低いが薬物治療において決して起こしてはならない副作用である.しかし,わが国には,妊娠に気づかずクスリを服用したとして過度の不安を抱いている妊婦に対する適切な情報提供システムがない.また,開発の中断された医薬品候補化合物の生殖・発生毒性情報は,公開され有効に利用されることなく企業の研究室に眠っているのが実状である.そこで,我々は,インターネット上に情報提供・収集システムを構築し,妊婦(市民)・医療関係者・研究者に情報コミュニティの場を提供することを目指している.先導研究として,Web上で医薬品催奇形性情報と化学構造式に関する条件検索が可能で,さらにクライアント側からも臨床症例登録のできる双方向・成長型の試用データベースを作成した.薬物催奇形性情報コミュニティの実現は,妊婦に対する根拠に基づいた薬物治療の実践と,情報化学的解析手法を用いた効率的な医薬品研究開発に資するものと期待される.

Congenital malformations or birth defects are a major public concern. However, lack of proper information may panic a pregnant woman who had taken medicines without noticing the pregnancy, and thus may result in an unnecessary abortion. We have undertaken a new research/development project to create an information-community for teratogenic agents, consisting of pregnant women, pharmacists, physicians and research scientists working on medicinal products. We have designed a trial database system for teratogenic agents. The database performs not only retrieval of teratogenic information and chemical structures of drugs/medicinal products, but also registration of clinical case reports and teratogenic information on various chemicals. Our system will be useful for clinical risk-assessment of teratogenic exposures in pregnant women and for the development of new drugs based on chemical information and computer science.

収録刊行物

  • Journal of computer chemistry, Japan

    Journal of computer chemistry, Japan 2(3), 71-78, 2003-09-15

    日本コンピュータ化学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012456353
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11657986
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471767
  • NDL 記事登録ID
    6743584
  • NDL 雑誌分類
    ZP1(科学技術--化学・化学工業) // ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z74-C857
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ