壁面摩擦力等を考慮した盤ぶくれ照査法に関する研究 DEVELOPMENT OF NEW DESIGN METHOD FOR HEAVING DUE TO UPLIFT PRESSURE CONSIDERING FRICTION BETWEEN RETAINING WALL AND GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

開削道路トンネルのような幅広掘削時における盤ぶくれ現象の照査において, 一般に設計で考慮されていない遮水壁の壁面摩擦力等による抵抗力の有効性を確認するため, 遠心力模型実験および数値解析を行った. 遠心力模型実験の結果, 盤ぶくれが生じる掘削深度は, 底面地盤の自重に摩擦力等の抵抗力を加えた力と揚圧力がバランスするという剛体における力の釣合いから算定される盤ぶくれ深度にほぼ等しくなった. また, この現象は弾塑性FEM解析において精度よく再現できることがわかった. これらの結果をもとに, 開削トンネルにおける遮水壁と底面地盤の摩擦抵抗力と不透水層地盤のせん断抵抗力を考慮した盤ぶくれ照査式を検証した.

The depth of water-proof retaining walls is usually determined by heaving due to uplift pressure in cut and cover tunnel construction. The heaving is usually checked by normal force equilibrium on the bottom ground mass of the excavation. However, friction force between ground and retaining wall and shear resistance of the impermeable layer is considered to resist heaving uplift force. Based on centrifuge tests and finite element simulations conducted in this study, it was found out that the resisting forces resist heaving uplift force. A new design method is thus proposed for heaving due to uplift.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (728), 41-50, 2003-03-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012498936
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6529279
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ