鋼橋架設の工法選定および安全管理支援エキスパートシステムの開発 DEVELOPMENT OF KNOWLEDGE-BASED SELECTION SYSTEM OF ERECTION METHOD AND SAFETY MANAGEMENT FOR CONSTRUCTION WORKS OF STEEL BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 鋼橋の計画時の架設工法選定および現場架設時の安全管理において利用できる, 実用的なエキスパートシステムの開発を行ったものである. 架設工法選定システムは, 鋼プレートガーダー橋の一般的な架設工法を対象に与えられた架設条件から確信度を用いた推論を行い, 適合する架設工法を推論結果として提示するシステムである. 一方, 安全管理システムは, 現場で実際に行う架設工法を対象に, 架設中の重大事故につながる要因のチェックを行うことにより, 危険予知の推論結果と危険箇所の提示を行うシステムである. この二つのシステムの構築手法と実用性について述べる. また, 最後に, 二つのシステムの情報共有部分に着目した総合型システムへの発展性についても述べる.

Bridge construction has become complex and is being conducted on ever large scale, and the tecnology of bridge construction is advancing rapidly. Currently, problems in the safety management of bridge construction are very important. It is reasonable to suppose that serious accidents can be prevented if potential factors are eliminated. This paper aims to introduce a newly developed expert system which is capable not only to make selection of erection method in steel bridges with a selection process but also to support safety management in the bridge construction for better understanding the accidents during bridge construction for integrating into the expert system.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (728), 121-140, 2003-03-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499056
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6529356
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ